イギリスに留学するメリット

イギリスに留学するメリットは何でしょうか。キレイな英語を話せるようになりたい!という気持ちがあるならば、やはりアメリカよりイギリス英語の方がキレイですから、そういう意味ではイギリス英語を常に耳にし学べる環境は利点と言えそうです。しかしせっかくですから、それ以外のイギリスに留学するメリットをこれから紹介しますね。

まずひとつめは、ビザについての面倒なことがないということです。アメリカやオーストラリアなどのイギリス以外の英語圏の国に留学するとしたら、たとえ短期であってもビザの申請が必要です。ビザの申請は誰もが必ずしも簡単に取れるものではなく、留学したくてもなかなか申請が通らずビザがとれなくて留学できない…なんてことも充分にありえるのです。その点イギリスの場合、6ヶ月以内の短期の留学の場合は観光扱いとされビザがそもそも必要ありませんし、6ヶ月以上の留学でも事前のビザ申請はありません。そのかわり空港での入国検査がありますが、英語学校からの入学許可書と帰りの日付入りの空港券とパスポードを持っていれば問題ないので、かなり便利で簡単です。

次に、治安の面で安心感があります。アメリカと比べると事件に巻き込まれるなどの可能性は低く、特に女性にとっては良いかもしれません。

また、教育の特徴についての記事でも紹介しましたが、イギリスの教育制度は社会人や成人後に改めて学びたいと考える人にとって易しく動きやすいシステムになっています。留学においても同じことが言え、毎週月曜日入学可で、最短1週間2週間のコースも選べる学校が多いため、入学時期や期間を柔軟に選ぶことができ仕事の予定や都合に合わせやすくなっています。社会人や学生でない生徒も多いでしょうから、仕事を辞めたり休職して海外留学に踏み出す人にとっても、抵抗なく溶け込め同じ境遇の仲間と沢山出会える場だと思います。

せっかく海外に行くのだからあまり日本人は多くなくて、いろんな国の人と友達になりたいと思う人にとっても、イギリスはおすすめです。イギリスの英語学校は比較的日本人が少ない上、ヨーロッパと近いのでヨーロッパ各国出身の学生も多く、友達になれるチャンスが沢山あります。しかも留学中の長期休みなどに、ヨーロッパへ旅行も気軽にできてしまいます。日本から行くよりずっと近く、これはアメリカやオーストラリアに留学した場合には味わえないおいしいメリットですよね。