フィジー留学のメリット

留学で学べること

フィジーでは他国と比べて留学費用を安く済ませながら、豊富な自然の中で学習する事が出来ます。
人柄もおおらかな方が多い国だからこそ、日本では到底味わえないダイナミックな留学を行う事が出来ると言えるでしょう。

また英語以外にもフィジー語やヒンドゥ語といった、普段接することの少ない言語の勉強を行う事が出来ます。
書類や授業だけでは学ぶのが難しい言葉であっても、普段の生活から使用することで自然に体へと身に付いてくると言えるでしょう。

フィジーの特徴

フィジーの首都はスヴァという場所にあり、気候は平均して30度以下という非常に過ごしやすい国だと言えます。
人口は2009年現在で94万人となっており、そのほとんどがフィジアンと呼ばれる民族です。

フィジーの中ではフィジアンの他にもインド系の民族などが存在しているため、同じ国内で異文化交流を行う事も可能となっています。
留学時に学ばなくてはいけない言語が多く存在してますが、それだけ人間としての器を大きくできるチャンスに恵まれていると言えるでしょう。

どんな場所が人気か

留学の際に人気となるのがナンディエリアという場所です。国際空港が近くにあることから、観光の名所としても知られています。
地元の方はナンディエリアを中心にショッピングを楽しむことが多いため、普段使いにも最適な場所として覚えておくとよいでしょう。

また親日家が多く存在しているラウトカでは、現地ならではの雰囲気を楽しみながらホームステイを行う事が出来ます。
よりフィジーの良さを肌で体験するために、一度周辺を調べながら留学先の候補に入れてい見るとよいでしょう。
どちらも物価が安いのが特徴でもあるため、長期滞在でも比較的お財布に優しいと言えます。

目的別で考える

フィジーでの留学を行う際には短期での留学か、語学をみっちり学ぶ留学方法か、いずれかをあらかじめ目的として考えておく事が大切です。

覚えることが多くとも人間としてより成長したいという方であれば、語学留学という形で学びの場を求めに行くのが良いでしょう。
日本の方に対して親身に対応してくれる人も多く存在しているため、初めて訪れる場所であっても安心感があります。

また海外での生活に慣れていない方は、短期間での留学を行うながら学習をしてみるのも一つの手です。
日本とは全く違った世界の中で、どういった部分が自分を成長させるポイントに繋がるのかを考えてみるとよいでしょう。

より長い期間においてフィジーの特徴を学びたい場合には、ホームステイという形で留学してみるのも良いと言えます。
勉強だけではなく文化にも触れあいながら、自分自身のステップアップを体験してみるのもよいでしょう。