フランスの教育

フランスにおける就学前教育

フランスの教育事情の一つとしてあげられるのが、就学前教育というものです。
これは、義務教育を行う前には3年から4年程度行っている教育制度です。
言葉や文学といった部分に触れていくことによって、学校で学ぶ姿勢を身につけることが目標とされています。
就学前教育は日本で言うところの幼稚園と考えると分かりやすいと言えるでしょう。

日本の中では幼稚園というと私立や公立と地域ごとに数が異なっていますが、フランス国内においては圧倒的に公立の幼稚園が多く存在しているのが特徴として挙げられます。
より学ぶ基礎体力を身につけるため、公立でもしっかりとした教育がなされている証拠と言えるでしょう。

フランスでの義務教育

フランスでは6歳から16歳までが義務教育として定められています。
日本同様に飛び級や落第といった制度があるため、必ずしも16歳で卒業できるとは限らないのが特徴です。

教育環境としては、学校内における年間休暇が日本と違い複数回設けられています
夏場においては2ヶ月間、さらには春・秋・冬と各2週間の休暇が用意されているのが特徴です。
より余裕を持った生活を行うところもフランスならではの教育環境だと言えるでしょう。

フランスにおける教育制度について

フランスにおける教育制度は初等教育から始まり、中等教育前期・後期と分かれて学ぶようになっています。
日本のように小学校・中学校と分かれていないのも特徴としてあげられるでしょう。

日本における「小学校高学年」から「中学校卒業」までの勉強を中等教育前期で学び、「高校3年間」での学習能力を中等教育後期という形で勉強する形となります。
より勉強がしやすいよう、フランス国が考えついた教育制度だと言えるでしょう。

その他教育状況

その他教育状況としては、通常の教育現場以外にも工業高校や職業高校といった、生徒の希望に応じて学ぶ場を決めることが出来ます。
この点については日本と同じとも取れる部分と言えるでしょう。

就職に役立つようなスキルを身につけられる工業高校では、半分以上を技術的な勉強に費やすことが出来るため、より未来の職探しに役立たせることが出来ます。
また職業高校においては、未来の就職希望者に対し2年から3年という期間で必要なことを学ばせる高校となっています。

工業高校や職業高校と学校でも、学習の途中から進学を希望することも可能となっているため安心です。
生徒の考え方の変化に応じて学ぶ場面が柔軟に切り替えられ、学ぶスキルを細かく調整することも出来るのもフランスならではと言えるでしょう。
勉強だけではなく、子供自身の人生もしっかりと計画しながら教育現場が作られてきた証だと考えられます。