フランス留学のメリット

どんなメリットがあるか

フランスにおける留学のメリットとしては、非常に質の高い教育機関を肌で感じ取れるという点が挙げられます。
より学ぶ力を身につけるために、他国での教育状況を学んでおくことが大切だと言えるでしょう。

フランスの高等教育というのは、国内に限らずさまざなな国や地域で度々取り上げています。
日本の教育現場では見ることが出来ないような、最先端の学習状況を得ることが最大のメリットして考えられるでしょう。

海外留学生の実績

フランス国内においては、2009年から2010年の1年間だけで約28万人近い海外留学生が利用した実績があります。
この数字はアメリカやイギリスに次ぐ第3位の数字であり、各国からの注目度をよりわかりやすく説明する際に度々取り上げあられる人数とも言えます。

28万人という海外留学生の中には2000人近い日本人留学者も存在しています。
ヨーロッパという場所ではどんな教育がなされているのか、言葉ではなく実際に体験したいという人々がはるばる訪れた結果と言えるでしょう。

学費という点でのメリット

フランスの大学では学費という点でも大きなメリットを得ることが出来ます。
1年間に払う学費(年間登録費)は、博士課程の場合359ユーロ、学士過程の場合174ユーロという安さで済ませることが出来て便利です。
これは国内に住む人だけではなく、海外留学生にも適用される金額であるため、自国で勉強するよりも圧倒的に安く済ませられる場合が存在します。

また日本同様に奨学金プログラムというのも用意されているため、勉強するための資金がない人でも安心して学ぶ機会を得られます。
留学以外にもインターンシップという形で訪れる事もでき、日本人がより利用がしやすいような各種プログラムが組まれているなど、まさに学生にとって至れり尽くせりと言えるでしょう。

語学と生活環境について

フランス国内で使用するフランス語は、現在世界各国で利用されている言語です。
日本の中でも英語と並び、認知度や学習する場面が多い語学だと言えるでしょう。

フランス語の重要さとしては、国連やEUといった場所にて、標準的な言語としての利用が義務付けられている点が挙げられます。
この先10年から20年後には、日本の中においてもフランス語をより優先的に学ぶような時代が訪れるかもしれません。

フランスという国は留学先としての人気があるほか、文化遺産や人々の生活などからあこがれの国として度々取り上げられています。
食に関する文化についても独自の調理方法等が用意されているため、世界各国の食通を唸らせるようなメニューが楽しめると言えるでしょう。
さまざまな点で最先端の国であると言っても過言ではありません。