フランスでの生活

フランスで生活するメリット

フランスで生活するメリットとしては、子育て支援が充実している国という点があげられます。
そのため、赤ちゃんを授かったママにとっては非常に生活がしやすい国だと言えるでしょう。

特に、バスや電車の中などの普段の生活において、赤ちゃんを抱える人に対する接し方は、日本と全く違うという意見が多いとされています。
日本の中ではどちらかというと対応に困るような扱いを受けてしまいがちですが、フランスの中では逆にウェルカムな気持ちで席を譲るなどの対応を得られます。

またフランス国内では自動販売機や利便性の高いものの販売が少ない分、無駄なお金を使わずに生活が行えると言えます。
本来必要である金額だけ持ち歩いていれば不便にも感じないため、金銭感覚を養う場所としても最適だと考えられるでしょう。

フランスで生活するデメリット

逆にフランスで生活するデメリットというのはどんな点が考えられるのでしょうか。
日本人の利用客から聞かれる話の一つとして、知らない人から突然話しかけられるケースが多いという意見が多く見られます。

道を尋ねられる回数に関しては、日本と比べて多い傾向にあると言えます。
理由としてフランス人は相手の国籍を理解しながら話しかけるケースが少ないからというのが考えられます。
そのため言葉が通じなくとも、億すること無く話しかけてくるという結果に繋がります。
もちろん、見た目からして違う日本人に対しても同じことが言えますから、フランス語が全くしゃべれないという人は注意が必要になってくるでしょう。

人々の特徴について

フランスに住む人々の特徴として、どんな小さな声で話していても、周りの人が話の中に入ってくるケースが多いことがあげられます。
例え知らない人同士であっても、ちょっとした話から社会情勢といった大きな話まで、幅広く話し合う時間を設けるのもフランス人ならではと言えるでしょう。

また人とすれ違う時にぶつかってしまったら必ずと言っていいほど謝るケースが見受けられます。
日本の場合、ぶつかっても知らないふりをする人が多いため、これもフランスで生活する際に貴重な部分だと言えるでしょう。

文化の違いについて

平日からお酒を楽しむ人が多くいるのが特徴です。
例え勤務中であっても、業務に差し支えがない程度のお酒であれば許されるケースも多々存在しています。
日本では到底考えられないことであっても、フランスでは当たり前な文化だと言えるでしょう。

また大きな道端などでは、昼夜問わず物乞いをする人が多く見られるのも特徴としてあげられます。
本物のホームレスである場合以外にも、プロの物乞い人として活動している人もいるため注意が必要と言えるでしょう。