インターナショナルスクールで学ぶ

社会がますます国際化する中「日本人が日本国内のインターナショナルスクールへ通う」というスタイルへの関心も高まっています。

インターナショナルスクールとは、主に授業を英語で行い、本来は日本に在住する外国人対象の教育施設なのですが、最近では教育の国際化や多様化に伴い日本人も入学できるスクールが増えているのです。

こうした需要が増えている背景には、発展した教育文化国際的英語力の早期習得が求められていることなどがあります。下記のサイトでは、全国にあるインターナショナルスクールを取り上げて紹介しています。

参考:http://www.ins-navi.com/region/zenkoku_list.html

インターナショナルスクールの特徴

多様なバックグラウンドを持った子ども達への教育、これがインターナショナルスクールの大きな特徴のひとつです。日本に住む外国人、ハーフや帰国子女、日本人など生徒構成が実に多様で、生徒の国籍数が50カ国にもなる学校もあります。日本にいながら様々な国の人や文化や違いに触れることができ、またそのような環境で学習ができることは、普通の日本の学校ではなかなかできない体験です。

インターナショナルスクールは幼稚園から小中高校までありますが、特に頭が柔らかく吸収がはやい幼稚園または小学校が日本人の場合人気のようです。

小さいうちから日常的に英会話に触れ、グローバルな環境で過ごすことで、遊びや何気ない生活を通して国際的に通用するコミュニケーション力や語学力を無理なく身につけることができるからです。

また子ども自身の英語を話したいという意思がまだない幼稚園などの時期においては、日本にいながらにして将来役立ち世界に通用する英会話力もしっかり身につけさせたい、と子に希望する親が増えているとも考えられます。

教育内容やカリキュラムにおいても、通常の日本の幼稚園や学校と比べ、スクール独自の教育プログラムが存在したり、世界中の教育システムや授業をリサーチした上で最先端の教育システムや指導法を研究開発し、実践するといった傾向が見られます。多様な背景を持つ子ども達に対する教育ならではの特徴ですね。学費はやはり高めですが、それだけの価値や得るものはあるといえます。これから今以上に注目され、人気が高まりそうです。

メリットとデメリット

    ~インターナショナルスクールを利用するメリットとデメリットについて。~