アイルランドの教育

アイルランドとは

アイルランドとは、ヨーロッパの北西部にある自然豊かな国です。
この場所は温暖な気候が特徴としてあげられるため、雪が降るということもほとんどないことでも有名となっています。

アイルランドと日本との時差は約9時間程度となるため、留学する際には時差ボケが生じてしまう可能性があります。
直るまでに少し時間が掛かるかもしれませんので、寝る時間などを調整してしっかりと備えておきましょう。

この国では、他国ではなかなか味わえない、地上一面に広がる大自然の素晴らしさが堪能できます。
これはアイルランドならではものだと言えるでしょう。

アイルランドでの教育環境について

アイルランドの義務教育は6歳から15歳までが定められています。
その中では4歳から12歳までが初等、さらに12歳から18歳までが中等教育となっているのが特徴です。

中等教育期間においては、ジュニア過程・シニア過程といった順序がそれぞれ用意されており、それぞれ修了させるための各試験を適時合格させる必要があるのも特徴として挙げられます。
このシニア過程を卒業すると大学への進学が認められ、自分がどんな事を学びたいのかを考えながら進学へと進む形を取ります。

中等教育の中では通常の学習のほか、職業学校で学ぶ機会も用意されています。
さらにはコミュニティスクールといったアイルランド独自の教育環境が揃っているため、留学をする際には新たな発見との出会いで楽しむことが出来るでしょう。

アイルランドにおける学部留学

アイルランドはアメリカに住む大学生を中心にした、学部留学を盛んにおこなっている国として知られています。
学部留学を行う理由としては、アメリカ国内においてアイルランド系アメリカン人が多く存在していることが関係していると言われています。

留学内容は通常の生徒同様、セミナーや講義といった日常をこなし、進学に必要となる単位の獲得を行っていくように進みます。
普段の生活から馴染むことが出来るため、より効果的な留学方法だと言えるでしょう。

アイルランドと他国との教育の違い

アイルランドと他国との教育の違いとして、学位に対する考え方が挙げられます。
この国での学位として学ぶ範囲は1つから2つと限って行われるため、より集中した勉強の場を設けることが出来ると言えます。

またアイルランド国内では大学への入学という制度はなく、中等教育期間内のシニア過程にて専攻している学部への進学という流れとなります。
そのため中等教育期間に入る前の準備が非常に重要と言えるでしょう。

日本と比べると、自分の人生の道しるべや目標を立てるタイミングは少し早いように思える国ですが、それだけ人々に期待されている内容が濃いものだと言えます。
より優秀な人材がアイルランド国内のみならず、世界各国へと羽ばたいてくれることを期待してみるとよいでしょう。