高校留学

大学生になってから海外へ留学する人は沢山います。しかし留学経験をもつ人数に対して、その後ネイティブに英語を話し留学経験を本当の意味で生かせている人は半分、もしくは半分もいないかもしれません。

海外留学でネイティブ並みの英語力をつけたい!自分の意思のままに語学を操ることのできる真の国際人になりたい!そう考えているのなら高校留学をおすすめします。あなたのお子様、またはあなた自身がこれから高校生になるのなら、今がチャンスです。高校留学のメリットを知って是非前向きに検討してみましょう。下記のようなサイトを利用すれば、留学するまでの流れを把握することができますし、各国の特徴等も知ることができますから役立つことでしょう。
参考:http://www.koukousei-ryugaku.com/index.html

高校留学のメリット

高校留学のメリットは大きく分けて5つあります。

まず1つ目は、
頭が柔らかいうちに留学することで吸収や上達がはやく、
よりネイティブレベルの英語力を身につけやすい
ということです。

また勉強する習慣がしっかり残っている高校生のうちの方が、大学や成人してからより勉強すること自体がつらくないというメリットもあるでしょう。

2つ目は、
大学や成人に比べまだまだ自由の少ない高校生という立場と環境だからこそ、
勉強や、英語力・学力につながる交流に集中することができ、
結果的にしっかり向上していける
ということです。

大学留学はそれなりに自由だからこそ、遊びや勉強以外のことに目移りしやすくまたそれが叶えられてしまうので、ある意味楽しくもありもったいない結果につながりやすいきっかけとなってしまうのでしょうね。

3つ目のメリットは、
高校生という“自分を構成する大事な時期”を、
日常的に異文化交流ができる国際色豊かな環境で過ごせるということです。

その人の根本的性格や人柄は二十歳までに決まる、とも言われますが、そういう意味でも高校生という十代後半での経験は大きく大切だと言えます。そのような時期に様々な人種の学生と交流し、肌と心で感じる経験のひとつひとつが、生涯素晴らしい財産となって残ることでしょう。

4つ目は、海外ならではの教育システムです。

海外では高校でも、日本の大学のように授業を選択することができます。得意な科の授業を積極的に受講できるのはもちろん、日本の高校ではなかなか学べないような、心理学や社会学など専門分野の授業も豊富です。また、音楽や美術などの芸術教育も盛んなのが魅力的です。自分の好きなことや得意なことをのびのびと、より深く学ぶ環境が整っています。

そして5つ目のメリットは、
卒業後の進路に海外の大学へ進学という選択肢ができるということです。

さらなるキャリアや将来に繋げることもでき、より広く深く海外を舞台に学ぶチャンスを得ることができるでしょう。もちろん帰国して日本での大学進学も可能で、その場合は、海外での2年以上の学習経験が条件となる「帰国子女制度」を利用すると良いです。

高校留学をお考えのあなたへ

ところで、もし今あなたが高校留学を希望しつつも不安や心配といった気持ちを抱いて悩んでいるとしたら、この場を借りてメッセージを贈りたいと思います。

「海外留学は大学生になってから」といった決まりはどこにもありません。単に大学生になると自由が増え、おそらく時間的にも一番余裕がある時期なので、留学する人が多かったり留学が可能になる人が増えるだけだと思います。周りで自分と同じことをやっている人がいると確かに安心ですし、周りと違う選択に挑戦することには不安もあるかもしれません。

でも人生って、やりたいと思ったときがタイミングだと思うのです。もし今あなたが海外に興味を持ち留学したいというつよい気持ちがあるならば、それはとても素晴らしいことですし、そう思った「」があなたにとってベストなタイミングだと思うのです。

是非思いきって「高校留学」という具体的なアクションにうつしてみてください。もちろん全てが自分の思い通りになるとは限りませんし、未知への不安や心配もあるかもしれません。

それでもまずは思った通りに行動してみることで、不思議と次に進むべきベストな道へ自然と導かれてゆくものですから、安心してください。そしてあなたが勇気を持って行動したことにより得た経験は、どんなものであれ素晴らしい財産となるでしょう。

高校留学を選択するとき身近に同じ選択と行動をする人が少なかったとしても、世界へ出ればきっとわかると思います。沢山の””仲間“”がいることに。あなたの「海外の高校に行きたい」と思う気持ちを、どうぞ大事にしてくださいね。