南アフリカの教育

南アフリカの教育環境について

南アフリカの教育環境としては、現在英語を含む11カ国語を話すための授業が行われています。
その中にはオランダ語系言語の他、さまざまな部族語などが含まれているのも特徴の一つと言えるでしょう。

南アフリカでは1年から4年という学年の間に、アルファベットに関する勉強をおこないます。
1年生から2年生までの間にはアルファベット表記に関する学習が行われ、3年生からは英語に関する教育がスタートするように計画がなされています。
それぞれ勉強できる期間は短いものの、以前までと比べて飛躍的に勉強の場が改善された結果だと言えるかもしれません。

南アフリカにおける歴史の流れ

南アフリカではかつて行われていたアパルトヘイト政策の色が、今でも残っていると言えます。
人種隔離政策とも呼ばれるアパルトヘイトは、幼い子供たちの教育する場所を奪ってしまう、非常に悲しい歴史の一つであったと言えるでしょう。

アパルトヘイトによって南アフリカに住む黒人たちは、本来学習できるはずの義務教育を学ぶ機会を無くされてしまいました。
まさに白人だけが優遇される環境を築いてしまった政策でしたが、1994年から現在にかけて少しずつ改善が進められている現状が見受けられます。
最近では2011年までに幼稚園までの完全義務教育化も行われました。

南アフリカだけではなく、勉強を十分に行えない国というのは世界各国存在しています。
勉強することは子供に与えられた唯一の権利でもあるため、早期問題解決が重要だと言えるでしょう。

アパルトヘイト時代の教師について

アパルトヘイト時代の教師は、わずか8年間の勉強だけで資格を得ることができたとされています。
教員として必要とされる勉強内容も2年間のみと、他国と比べ明らかに少ないのが明白であったのは間違いありません。

教育を教える立場の人間がまともな勉強をしていないため、子供たちに伝えなくてはいけない学習内容も充実していなかったと言えます。
そのため現在住んでいる成人黒人のほとんどは読み書きが困難だと言われている現状があります。

マンデラ新政権発足後に行われたこと

マンデラ新政権発足後に行われたこととしては、義務教育の充実を行うために国家予算の中の文部省予算を最大限計画されたことが大きく取り上げられています。
この政策により学校の建設がスムーズに行えたため、子供たちが学べる場の提供がすぐに作られたと言えるでしょう。

今後はより充実した勉強の場を提供できるかが大きなポイントになると言えます。
南アフリカにおける図書などの書物は他国と比べても圧倒的に少ないため、子供たちの知識力を高めるための運動が期待されると考えられるでしょう。