ワーキングホリデー

「留学したいけどお金が…」経済的な面で留学が厳しいのであれば、「ワーキングホリデー」という選択肢もおすすめです。

ワーキングホリデー、またはワーホリという言葉を聞いたことがあるでしょうか。ワーキングホリデーとは日本と協定が結ばれた外国に1~2年の長期滞在ができる制度です。

この制度の最大の特徴は
外国で観光や留学しながら働くことができる」ということです。

通常観光や留学はできても現地で働き収入を得ることは許されていません。オーストラリアとニュージーランドでは留学生も働くことが許されていますが、その他の国で語学の勉強をしながら働くことができるのはワーキングホリデービザだけです。このビザの申請資格は「18~30歳の日本国民であること」つまり学生だけでなく社会人や主婦になってから「海外留学したい!」と思った方にも嬉しい制度なのです。

ワーキングホリデーのメリット

ワーキングホリデーのメリットは主に
金銭面」と「海外でできる経験の豊かさ」にあると言えます。

金銭面では、現地で勉強をしながら滞在中に必要な費用を稼ぐことができますので、必要最低限の初期費用を用意できれば海外での長期滞在が実現できます。滞在中に可能なアルバイトは、その人の英語力や滞在する国によって違ってきますが、ウェイトレスやカフェやバーのスタッフ、ガイドや農家で働くなどがあります。例えば農作業をお手伝いする代わりにそこの農家に滞在させてもらうファームステイという選択も可能です。ワーキングホリデーならではの海外でできる経験というのは、やはり「働くことを通して得られるもの」でしょう。

留学で学校に通い学ぶだけでは味わうことのできない経験やその国に住む人たちとの交流が待っています。仕事をするためには会話が必要になりますし、そういう意味で語学の上達もはやいかもしれません。また、毎日違うお客さんとふれあい、毎日違うシチュエーションで生きた会話をします。その中で知る言葉や覚えるフレーズは確実に日常の会話に役立つでしょうし、毎日確実に自分が前進、成長していることを実感できるはずです。そして現地で働くことでよりその国の文化や生活に溶け込むことができ、スキルだけでなく感性や価値観も磨くことができます。

ビザの申請について

現在日本とワーキングホリデーの協定を結んでいる外国は、オーストラリアやカナダやフランス、ドイツ、香港、ノルウェーなど全12カ国です。ビザを申請できるのは各国一生に一度ずつですが、18~30歳の間で上手に申請すれば、複数の国にワーキングホリデーで滞在することも可能です。

参考:http://www.studyabroad.co.jp/working_holiday/

こちらのサイトでは、ワーキングホリデーについて詳しく解説されており、また、仕事の見つけ方からビザの申請の仕方などまで詳しく書かれています。もしワーキングホリデーに興味はあるけど申し込み方などが分からないといった場合はこういったサイトを参考にすると良いでしょう。
働けるビザという特徴を、是非あなたの夢に役立ててくださいね。