メリットとデメリット

メリット

インターナショナルスクールに通うメリットとデメリットは何でしょうか。まずメリットは、やはり日本にいながらにしてグローバルな環境に幼い頃から身をおけること、そして吸収がはやいうちに英語の存在を身近にすることで無理なく確実に語学力を身につけ、将来的にビジネス英会話が堪能な世界で通用するバイリンガルを目指せるという点でしょう。

それからインターナショナルスクールに通うことで、世の中にはいろんな国の人がいること、それぞれの国にそれぞれの文化があること、それぞれ違いがあってそれぞれが良いことなどを幼少期に知ることができます。

幼稚園や保育園から通い日々英語にふれることによって、日本語を覚えていくのと同時に英語も覚えていくので、より自然に無理なく楽しく習得できやすいと言えます。幼少期にある程度の英語力が身につけば、その後の小中高校での英語の勉強も苦にならずに取り組むことができるでしょうし、留学や世界へ出ることへの抵抗も少ないと思います。

デメリット

では、デメリットは何でしょうか。ひとつは、学習に必要な英語力がなかなかつかない場合があるということです。インターナショナルスクールでの会話や授業はほとんどが英語で行われるため、それらを理解するだけの英語力がまず必要になります。その英語を理解できないと学習内容を理解することも難しくなります。

英語の上達にはもちろん個人差があります。スクールにいる間は英語漬けの環境とはいえ、やはり日本で生活していればそれ以外では日本語ですし、おそらく幼稚園の場合は親御様の希望や意思で入園させるでしょうから、インターナショナルスクールに通えば必ず相応の英語力が身につくとは限らないということを、まずは親御様がしっかり認識する必要があります。

なかなか必要な英語力習得にたどりつかなかった場合、お子様にとってしんどくなってしまったり、自己意思表示がしづらくなってしまうことも考えられますので、日々親子間できちんとコミュニケーションをとり、お子様の気持ちや状況に目を向けてあげることを大切にしましょう。

また、国際化や英語力習得に幼少期に力を入れるということは、本来は日本語をしっかりと覚え日本人としてのアイデンティティを確率する時期に同時に英語を学ぶことになりますから、日本語力の発達に支障が出る可能性もありますし、日本人としての自覚が弱くなるのではないか、という心配の声もあります。そこでインターナショナルスクールではこれに対する解決策として、教育カリキュラムの中に「母国語」として日本語の授業を行ったり日本について学ぶ機会を設けて英語の学習と同時に日本語の力も養えるよう工夫しています。